読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものは試しに

普段通りの生活でマイルを貯めたり、ムダな行動や買い物を見直すために試行錯誤っぷりを記録化

100%還元案件を行うかどうか

f:id:neoto:20160730165745p:plain

 ハピタスで、1059円の商品購入で1059円分のポイント還元案件があったので、申し込もうとしましたが、少し考えてみました。

 

100%還元案件とは?

 商品購入代金(送料を含まないこともあるので注意)と同額のポイントが付与される案件です。

 青汁・健康サプリ・基礎化粧品・スマホアプリの月額課金など、今後も継続して支払を続ける可能性がある商品が対象となります。

 企業側にとっては、初回を赤字で販売しても、その内何割かが継続すればモトが取れることになるので、継続を前提とした商品しか対象となりません。

 今回のサプリでいうと、送料を無視して仮に原価が300円、代金が1000円、ポイント1000円とすれば、初回は必ず原価分損をします(実際はハピタスへ手数料を支払うので更に損は大きいとは思います)。100人申し込んだとすれば初回は3万円の赤字です。しかし、その内1割10人が5か月継続すると、7000円×5か月=3万5000円となり、モトが取れます。商品の性質上、長期継続が予測されるので、広告方法としては優秀なのかも知れません。

 

案件に参加してもいいパターン

その商品に興味がある場合

 迷わず参加です。本来の使われ方です。

 気を付けるべきは、商品が合わなかった場合に解約を忘れないようにすることです。「ま、いいか。」という月々の固定費は積み重なると大きいです。

ポイントを現金化する場合

 全く不要なもの以外は参加でOKです。ポイントを現金化すれば、要するに、無料で商品を入手できることになります。

 100%還元案件の商品は、「なくても困らないが、あれば使うかも。」という商品がほとんどなので、通常は参加して良いです。

 しかし、2回目以降の定期購入を条件としているものもあるので、ポイント獲得条件はよく読んでおかないといけません。もちろん、解約も忘れずに。

 解約は、ウェブ上でできれば一番良いのですが、電話で解約を申し込むケースが多いです。電話では解約の理由などを聞かれるので、解約がしづらくなっています。心を鬼にして解約してください。

2000円以上の商品でヤフオクでも売られている場合

 ポイントをマイルなどにする目的の場合、「無料で商品を入手」とは言い切れません。健康サプリ付マイルを現金で購入することになるので、不要な商品を買ってしまうと、1000円で約1000円分のマイルを取得という無意味なことになります。

 マイルの使い方しだいで、マイルの価値は上がり得ますが、期限切れでマイルを喪失させてしまったり、期限切れ間近で特に必要のない旅行に行ってしまうのであれば、実質的に、ムダなことに現金を使ったことになります。

 そのようなロスを避けるために、現金の支出額をできるだけ少なくしなければなりません。そこで、ヤフオクなどのオークションで商品を転売して現金支出額を少しでも回収します。

 2000円以下の商品の場合、ヤフオクで半額近くに落ちてしまうと、送料を引くと数百円の回収しかできません。出品のために宛名を書いたり、メールをチェックしたりする手間を考えると、バカバカしいです。

 また、ヤフオクで入札実績がない場合、値付けが難しい上、最悪、入札がないこともあります。転売目的なら、商品の売却まで調べておかないと恐いです。

100%超の還元案件の場合

 これは、迷わずGOです。きっちりするなら、支払った代金分のポイントを現金化すれば、無料で超過分のポイントを獲得できます。