読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものは試しに

普段通りの生活でマイルを貯めたり、ムダな行動や買い物を見直すために試行錯誤っぷりを記録化

CIC情報 クレジットカード等の信用情報開示

 クレジットカード案件は、3件程度に抑えて、半年我慢する、などとポイントサイト界隈では言われております。その根拠は信用情報に申込記録が残るのが6か月だからだそうです。

 でも、信用情報の現物を見てみないと、ピンとこないよね、と思って、取り寄せてみました。

 

信用情報って?

 個人の借入状況や返済状況などの情報です。

 返済の遅れや未払総額なども登録されており、いわゆる「ブラックリスト」というものです。

 30歳になって初めてクレジットカードを作ろうとしたとき、「カードと言えば、JCBだろう。ANAやヤマダ電機などの提携がない方が確実だろう。」と考え、JCBのプロパーカードに申し込みました。

 すると、電話がかかってきて、カード発行を断られました。オペレーターが言うには、「支払を怠った履歴もありませんが、カードを発行した履歴もありませんので、信用を判断する情報がございません。」ということでした。カードを発行して、確実に返済したというのもプラスの信用情報として働いているようです。

 今思えば、JCBオリジナルカードは審査が厳しいので、特攻先を間違っていたといえます。ちなみに、その後、ANAJCBカード(死蔵中)を作りました。

 

信用情報機関

 個人信用情報を管理する機関は、大手3社です。

CIC:クレジットカード系

・JICC:消費者金融

全銀協:銀行系

 

 どうせ3社で情報共有をしているだろうし、カード会社も3社に登録して情報を流してるだろうと思われるので、CICに開示請求をします。

 インターネットで1000円で開示できます。

 

登録される情報(クレジット情報)

(属性)

・氏名

・生年月日

・性別

・電話番号

・住所

・勤務先

・勤務先電話

・免許証番号

・配偶者名

 

(契約内容)主なもの

・家族カードかどうか

・契約内容(クレジットカードかローンカードか保証契約(銀行発行カードの場合、発行元は銀行だけど関連カード会社が保証をする)か

・契約年月日

・極度額・キャッシング枠

 

(お支払の状況)主なもの

・請求額・入金額・残債額

・終了状況(カードが有効かどうか)

 

(割賦販売法の登録内容)要するにリボ

・残債額

・年間請求予定額

貸金業法の登録内容)

 

(入金状況)

・何年何月に支払っているか・取引があるか(最終取引から2年分)

 

(情報保有期限)

・信用情報をいつまで保持するか

 

登録情報(申込情報)主なもの

・何件あるか

・申込日時

・ローンかクレジットか

・キャッシング付か

 

分かったこと

1 クレジット情報は、解約から5年で消える

 情報の保有期限が解約日から5年なので、解約から5年で消えます。未払があった場合に消えるかどうかは分かりません。多分、自己破産などで返済見込みがなくなると、その時点で解約となると思います。そこから5年で自己破産情報も消えてしまうので、カード発行もできてしまうのかも知れません。

 

2 キャッシング枠は0円にしたい

 キャッシング枠情報を保有しているので、最高で何万円まで借り入れが可能かを把握できます。その最大額をリスクとしてカード会社が認識するので、キャッシング枠は0円にしておくべきです。カード紛失時のリスク軽減にもなるし。

 

3 ショッピング枠も必要最低限にしたい

 同様にショッピング枠も把握されるので、あまり高額の枠は設定したくありません。キャッシングと違って貸金業法の規制は関係ないのかも知れませんが、貸し手としてはチェックしようと思えばできる情報です。やっぱり紛失時のリスク軽減にもなるし。

 

4 多重申込後6か月寝かせる

 6か月以上前に発行したクレジットカード情報は、申込情報から消えています。もちろんクレジット情報は掲載されています。

 申し込んだけど審査に落ちた場合、申込情報はあるけどクレジット情報はない、という状態になります。このような場合、他のカード会社が審査を通すとは考えられません。そのため、審査に落ちた場合は、6か月は新規申込を控えるべきです。

 審査に落ちなければ大丈夫かというと、6か月という期間内に10件以上申し込んでいるのは、やはり不自然と思われます。何件ぐらい可能かは利用者・カード会社ごとに基準が異なるのでしょうが、その範囲を探るために多重申込を行って審査に落ちてしまうと、最終の審査落ちから6か月寝かせないといけません。

 あくまで感覚的なものなのですが、1か月に1回申し込んでいけば、申込情報は最大6件で収まるのでセーフなんじゃないかと思います。

 

5 アメックスは反映が遅い

 5月に発行したアメックスは、1か月経った今でもクレジット情報に反映されていません。クレジット申込情報には載っています。

 今の状態は、あたかもアメックスの審査に落ちたかのような状況です。そのため、アメックス申込後に多重申込をする場合には審査が厳しくなるかも知れません。

 

6 使ってないカードは解約ね

 認識していなかったクレジットカード情報も出てきます。そんなカードは解約です。

 

7 ローンカードも扱い同じ

 キャッシング付のクレジットカードもローンカードも同じ扱いだと思います。ローンカード発行で信用に傷が付くわけではありませんが、連続発行の要注意度はクレジットカードと同じです。

 

 私の場合、最も古い申込情報は4月30日なので、クレジットカード案件は、11月までお休みです。