読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものは試しに

普段通りの生活でマイルを貯めたり、ムダな行動や買い物を見直すために試行錯誤っぷりを記録化

マネースクウェア・ジャパン FX → 損失発生!大損ぶっこいてへこむ

ポイント 完了

f:id:neoto:20160613074433p:plain

 今回のFX口座はマネースクウェア・ジャパン。

 特徴は、条件付売買注文を繰り返しで設定できる、だから、相場に適した条件を設定しておけば自動で売買できる、というものらしいです。損切り・利益確定をする段階で悩んでいる内に大損や利益を逃すことを防げるのでしょうが、「相場に適した条件」、それが難しいんじゃ!とは思います。

 モッピー経由で15000ポイント(1万5000円)です。

 

条件

 ・口座開設

 ・90日以内に5万通貨以上の取引

 ・注文方法は、トラップトレード(R)、リピートイフダン(R)、トラップリピートイフダン(R)、らくらくトラリピ(R)。何のことか分かりませんが、やってみる。

 ・3日以内予定反映、90日前後でポイント化

 

結果

 ・6/12 申込

 ・6/13 マイナンバーカードアップロード

 ・6/15 パスワードなど到着

 ・6/16 やってみる。

  とりあえず、0.1通貨単位でトラリピ10本。トラリピとは、一定の価格で買付をして利益が出た段階で自動で売る、という小幅の利益を得る注文を10本とか20本発注するというもの。下げ相場のときは小幅の損失が出続けるのでしょうね。

  しかし、小幅の相場の動きを丸めて反映させているため、値動きが非常に緩いです。そのため、なかなか注文が発動しません。どちらかというと、ほったらかしにして気長に待つ手法です。ポイント狙いには不向きです。

   6/16の円高の影響をモロに受け、条件は達成しましたが、5000円損失が発生しました。

  注文は、

 ・相場より少し下がったら1通貨単位買う。

 ・買付価格より少し上がったら売る。

 ・買付価格からある程度下がったら、損切り

 でしました。トラリピの良さを全く生かしていません。そもそも、トラリピは、ある一定の範囲内で上下を繰り返しているときに小幅で稼ぐ方法だと思いますが、今回のような下がり調子一本では、どうしても損をしてしまいます。

  今回は、ほぼ全ての注文が損切りとなってしまい、損失発生でした。また、ターゲット価格と買付・売却価格のずれ(スリップ)が大きいのも気になりました。

  5000円現金を失って、1万5000円分のポイント獲得予定。どうなんだ、これ。

・6/28 ポイント獲得

教訓

 相場が激しく動くときは、FX案件をしない。

 申込中の案件は、イギリス国民投票が終わって落ち着く7月から取引を始める。