ものは試しに

普段通りの生活でマイルを貯めたり、ムダな行動や買い物を見直すために試行錯誤っぷりを記録化

SBI FXトレードでポイント獲得したけど

f:id:neoto:20160602064703p:plain

 今回は、「SBI FXトレード」に手を出しました。

 GetMoneyで18万ポイント(1万8000円相当)です。

 条件は、1万円以上の入金+1通貨の取引です。1単位1000通貨以上の取引が条件になる案件が多い中、1通貨でいいのはかなり好条件です。その割にポイントも高いです。

登録のしかた

dietnavi.com

 GetMoneyに登録後、「SBI FX」で検索します。全角だと該当なしになるので、半角で検索です。このへん、融通が利きません。そう考えると、Googleの検索ってスゴイな、と思います。

f:id:neoto:20160602064111p:plain

 「ポイントを貯める」ボタンから、SBIFXのページに行き、登録します。

 証券会社口座開設や銀行口座開設など、源泉徴収をされるケースでは、マイナンバーを求めることが会社側に義務づけられているので、FXでも提出を求められます。

 マイナンバーカードを持っている方は、マイナンバーカードの表裏をスマホで撮影して送ればOKです。

 持っていない方は、マイナンバー通知書+免許証の撮影が要ります。この際、めんどくさいのでマイナンバーカードを取得しても良いと思います。

登録、その後

 登録後数日して、IDとパスワードが自宅に送られてきます。

 送金先口座も記載してあるので、1万円を振り込みます。ついでに、ログインして、出金先口座も登録しておきます。

 入金がすぐには反映されないので、翌日、あらためて取引をします。

FX取引開始・終了

 入金後、早速取引をします。

 取引ボタンを押して、注文を入力します。

 ここからが重要!

 今回は1通貨取引で良いので、損失はほぼありません。110円で1ドルを買って、100円に落ちたとしても10円の損ですみます。しかし、1000通貨単位だと1万円の損になります。そのため、損を最少にするには、以下のどちらかの取引がオススメです。

 

1 買ってすぐに売る

 単純明快です。「成行」(なりゆき。今の価格で取引すること。)で買って、すぐに「成行」で売ります。短時間の取引なので値動きは少ないです。

 しかし、売りと買いの価格には差(スプレッド)があるので、確実に損をします。といっても、少額です。

 

2 IFDOCO注文

 今の価格より少し安い価格で買って、少し高いところで売るけど、価格が下がるようだと損が大きくなることを避けるために売る、という自動注文です。

 言葉で説明すると分かりにくいので、下の画面で説明します。

f:id:neoto:20160602070934p:plain

 「新規注文」→「IFDOCO」でこの画面になります。

 「通貨ペア」は何でもいいです。ZAR(南アフリカ)など1通貨が安いところを使ってもいいですが、スプレッドが大きいし値動きは激しいです。ここでは、USDを使います。

 「注文数量」は1です。SBIFXは1通貨から取引可能です。

 売買区分「買」の欄は、指値(この値段より下がったら買う)で、下の赤い数字(買の現在値)よりちょっと低い金額を入れます。欲張ると注文がなかなか成立しないので、ちょっと低いだけでいいです。

 「決済 指値」(この値段より上がったら売る)のところには、買の指値よりちょっと高い金額を入れます。

 「決済 逆指値」(この値段より下がったら売る)のところには、買の指値よりちょっと低い金額を入れます。

 「有効期限」は当日でいいです。

 

 この注文の意味は、「1ドルが109.4955円より安くなった時点で買う。109.50を超えれば売って利益を出すが、109.49を下回るときには大損する前に売る」というものです。

 

 決済までいけば完了です。

 さっさと全額出金します。

ポイントゲットしたんだけど

 無事にポイントを獲得しました。Pexで10万ポイント(1万円)。

 でも、この記事を書くために、どこのポイントサイトが有利かを「どこ得」で調べました。

ポイントサイト案件比較検索 / どこ得?

 有名どころのポイントサイトでいうと、

1万8000円 GetMoney!

1万5750円 げん玉

1万2000円 ハピタスちょびリッチモッピー

1万円 Pex

でした。

 ポイントを獲得したのに、8000円損した気分です。

 

 「必ず、『どこ得』で調べる!」、皆様にはこれを忘れずに実行していただきたいと思います。