ものは試しに

普段通りの生活でマイルを貯めたり、ムダな行動や買い物を見直すために試行錯誤っぷりを記録化

ANA VISAワイドゴールドカード取得

f:id:neoto:20160513205947p:plain

(https://www.smbc-card.com/nyukai/affiliate/ana/index.jsp)

 マイルを貯めるために、ANA VISAワイドゴールドカードを取得しました。ポイントタウン、ハピタス、ちょびリッチ、げん玉、モッピー、Gポイント、Pexで2000円分のポイントが付きます。

 ゴールドの理由は、下記サイトが詳しいです。

kowagari.hateblo.jp

 このサイトを読めば全て分かります。以上。

 と、したいところですが、自分の備忘もかねて、以下まとめ。

 

  •  カードの特徴

・入会時ボーナス:2000マイル

・継続ボーナス:2000マイル

・年会費:本会員15120円、家族4320円

・保険:5000万円(外国旅行、国内旅行)

電子マネー:iD、EdyPiTaPa

・搭乗時ボーナスマイル:25%

・15日締め翌10日払い

 

 ダイナースやアメックスに比べると年会費が安いです。マイル換算率の良いプラチナプレミアムカードもありますが、年会費が86400円と跳ね上がります。

 

  •  年会費を安くする

 カードご利用代金WEB明細書サービス利用+マイ・ペイすリボへの登録で、年会費が安くなります。

・本会員:15120円→10260円

・家族:4320円→2700円

 「マイ・ペイすリボ」はリボ払いの月額を決めるもので、年会費を安くするという観点だけなら、限度枠まで広げれば金利もかかりません。

 ボーナスマイルを稼ぐのであれば(ワイドゴールドにする意味はココにある)、リボ月額は調整する必要があります。

 

  •  マイル換算率

 ワイドゴールドなら、移行手数料6480円がかかりません。これもワイドゴールドの理由。

・1000円=1ポイント=10マイル(通常ポイント)

・1000円=1ポイント=3マイル(ボーナスポイント)

 

 ボーナスポイントの換算率が悪いので、手間と時間がかかりますが、ポイントサイトを経由させます。

f:id:neoto:20160513203326p:plain

 結果、1ポイント=4.14マイルにすることができます。

 

  •  ボーナスポイントを増やす

 ボーナスポイントは、年間利用額に応じたステージによって利用額の一定率が付与されます。

・年間50万円未満:なし

・50万円以上:50万円で100ポイント、以降10万円ごとに20ポイント

・100万円以上:50万円で150ポイント、以降10万円ごとに30ポイント

・300万円以上:50万円で300ポイント、以降10万円ごとに60ポイント

 

 マイ・ペイすリボを利用すると利用額と同額のボーナスポイントが付与されます。

 しかし、リボ手数料が発生しないとボーナスが付きません。

 そのため、最低これだけは使用するという金額にリボ枠を設定します。

 細かい計算は、上記サイトに詳しいですが、確実に発生させるには、

・初回支払月はリボ払い後の残額を1217円以上にしておく。

・2回目以降は100円にしておく。

 

 リボ払い増額を定期的なタスクにする必要があります。

 

  •  応募方式?自動方式?

 ゴールドカードの場合、移行手数料なしでVISA1ポイントを10マイルへ移行できます。その方式は、応募方式と自動方式があります。

 ・自動方式

  毎月自動的にマイルへ移行されます。ただし、1ポイントが10マイルへ移行できないボーナスポイントは移行されません。

 ・応募方式

  VISAの会員サイトVpassから移行の手続をします。1か月程度移行に時間が掛かります。

 ・結局、どちらにすればいいの?

  めんどくさがりの人、かつ、3年以内にマイルを使い切る人は自動方式が楽で良いかと思います。

  しかし、移行されたマイルは3年間で消滅してしまいます。

  そこで、ポイント消滅直前にマイルに移行すれば、ポイントの有効期限(ゴールドは3年、一般は2年)+マイル有効期限3年ほど猶予が生まれます。

  移行自体はたいした手間ではないので、応募方式で良いと思います。

 

 ついでに今のキャンペーン

・iD登録で6/30までのiD利用代金の10%キャッシュバック(2000円まで)

・4月までは、リボで更にポイントがもらえたり、家族カードでもらえたりしたみたい。残念。

www.smbc-card.com